無題ドキュメント

こんにちは、ゲスト様

SIMIUS ビューティーラボ

読めば10倍きれいになれる!美容ネタがいっぱい

肌荒れ

冬の乾燥が招く「敏感肌」

気温や湿度が低下し乾燥する冬は、肌にとっては過酷なシーズン。今の時期、いつものお手入れをしても、なんだかカサカサ、ピリピリ、ムズムズする…、と、肌状態の変化に悩まれている方も多いのではないでしょうか。それは、「敏感肌」に傾いているサインかもしれません!

冬の乾燥が招く「敏感肌」
●そもそも「敏感肌」って?

冬になって空気が乾燥すると、肌が突っ張り、カサカサした状態に。乾燥した肌は、肌内部の水分が蒸発し、潤いやハリが失われます。また、バリア機能が低下してしまうので、外部からの刺激を受けやすくなり、かゆみや炎症の原因となります。このような状態が、敏感肌です。

【健康な肌の状態】
水分が肌の内側で蓄えられている。バリア機能も正常に働いているため、紫外線などの外部刺激から、肌が守られています。
【敏感肌の状態】
バリア機能が壊れ、外からの刺激に無抵抗な状態。水分も肌内部から蒸発しているため、肌荒れなどの炎症を起こしやすいです。

化粧水をつけるとピリピリしたり、赤くなったりする、メイクのノリが悪くなった、口や目の周りがカサカサする…、などは、敏感肌に傾いているサイン。放っておくとシワやたるみ、くすみやハリ不足など、深刻なエイジングに繋がることも。見て見ぬふりはせずに、お手入れの見直しをしましょう!

【敏感肌のサイン、思い当たること、ありませんか?】
  • 化粧水が浸透しない
  • 頬が赤くなる
  • メイクのノリが悪くなった
  • 口や目の周りがカサカサする
  • 吹き出物ができやすくなった
  • 肌全体がくすんでいる
  • いつもの化粧品がピリピリする
  • 頬が突っ張る
  • 肌がゴワゴワして硬い
  • 部分的にザラつく
●「敏感肌」から脱出するスキンケア

敏感肌のお手入れでもっとも重要なのは、肌に刺激を与えることなく、たっぷりとした水分で満たすこと。また、クリームなどでの保湿ケアが不足していると、肌が敏感に傾きこともあるので、要注意です!

【敏感肌脱出スキンケア】
  • 肌に負担をかけないクレンジング・洗顔が必須!
    肌の乾燥は、洗い過ぎが原因のことも。夜はW洗顔を避けて、肌の負担を減らしましょう。また、敏感肌の時は、肌がゴワついて硬くなっていますので、クレンジングは、潤いを逃さずにメイク汚れを優しく落とせるジェルや、肌をほぐす効果のあるクリームがおすすめです。洗顔は、肌と手で摩擦を起こさないよう、しっかりと泡立つものを。少ない泡でゴシゴシ洗ってしまうと、乾燥が進む原因になります。たっぷりの泡で、包み込むように洗いましょう。洗い流す際には、32度くらいのぬるま湯で。シャワーなどの熱いお湯は、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、さらなる乾燥を招きます
  • 化粧水はきちんと浸透させることが必須!
    洗顔後、時間を置かずにすぐに、浸透力の高い化粧水を、コットンを使わずに、手のひらで優しくなじませましょう。手のひらで温めることで、化粧水が肌に馴染みやすくなります。こすったり、パタパタとパッテイングして、肌に刺激を与えることはNG! 乾燥がひどいときには、化粧水をつけた後、潤いたっぷりのシートマスクで、集中的にケアするのもおすすめです。また、敏感肌の時には、刺激が少なく、肌の水分量を増やす保湿成分が入った商品を選ぶことが大切です。

【敏感肌におすすめの保湿成分】

  • 保湿の王様“セラミド“
    セラミドは、肌の角質層で、細胞と細胞の間で水分や油分を抱え込んでいる存在です。角質層の水分のうち80%以上は、セラミドなどの角質細胞間脂質が守っているため、肌の潤いをキープするには、欠かせない成分です。敏感肌は、セラミドが不足した状態ですので、化粧品で補う必要があります。
  • 潤い保持力がある“ヒアルロン酸“
    保水力がとても高く、1gで6,000mlもの水分を保つことができるヒアルロン酸。ヒアルロン酸は肌に塗ると、肌表面を保護して、外的刺激から守ってくれます。また、セラミドが存在することでヒアルロン酸を肌の奥まで浸透させることができますので、セラミドと同時に補うと効果的です。
  1. クリームやジェルで補給した水分を逃がさない!
    冬は、夏の1/5程度の紫外線量ですが、晴れた日は、強く降り注いでいます。バリア機能が低下した敏感肌に、紫外線は大敵です。肌の乾燥が悪化し、シミ・くすみ、たるみやシワなどの肌老化の原因となりますので、紫外線を防ぐUVケアをしっかり取り入れましょう。紫外線防止効果以外に、美白などできる美容成分配合の日焼け止めがおすすめです。肌が敏感になっていてファンデーションが使えないけれど、肌のトラブルは隠したい、という方は、紫外線をカットしながら肌色補整もできる、BBクリームがおすすめです。
  2. 冬は、夏の1/5程度の紫外線量ですが、晴れた日は、強く降り注いでいます。
    バリア機能が低下した敏感肌に、紫外線は大敵です。肌の乾燥が悪化し、シミ・くすみ、たるみやシワなどの肌老化の原因となりますので、紫外線を防ぐUVケアをしっかり取り入れましょう。紫外線防止効果以外に、美白などできる美容成分配合の日焼け止めがおすすめです。肌が敏感になっていてファンデーションが使えないけれど、肌のトラブルは隠したい、という方は、紫外線をカットしながら肌色補整もできる、BBクリームがおすすめです。
●他人事ではない「敏感肌」

現在、肌トラブルを感じず、敏感肌は自分には関係ないと思っていても、加齢やストレス、環境の変化により肌の状態は変化しやすくなります。特に、

  • 温度や湿度の変化が激しい季節の変わり目
  • 寝不足や疲労が続いたとき
  • 加齢によるホルモンバランスの変化

などで、突然、敏感肌に傾いてしまうことも!
健康な肌をキープするために、スキンケア以外で日々の生活でできることを取り入れましょう。

【敏感肌対策としての生活習慣】
  • 代謝アップもできる軽めの運動
    年齢を重ねると落ちてくる代謝。代謝が落ちることで、体内の不要なものが溜まりやすくなり、血行も滞るなど良くないことばかり・・・。肌を健やかに保つためにも、代謝アップを日々心がけることが大切です。ウォーキングやヨガなど取り入れやすいスポーツをするのがおすすめですが、時間がないという方は、通勤やスーパーにいく時の距離を長くする(歩く距離を増やす)、階段を使うなどからはじめましょう。
  • 内側から変える食生活を見直す
    外食ばかりしていたり、栄養バランスの悪い食生活は、敏感肌の原因に。温野菜や、肉、魚など、バランスの良い食生活を送るとともに、セラミドを多く含むこんにゃくなどを積極的に摂りましょう。
  • 体調や肌状態を左右する睡眠
    睡眠不足は、肌のバリア機能を低下させてしまいます。さらに、風邪を引きやすくなったりと肌だけではなく、体調にもダイレクトに影響してきます。身体や肌の疲労を貯めないためにも、睡眠は最低でも6時間はとるようにしましょう。

「敏感肌」に傾いた、と思ったら、スキンケアと生活習慣の見直しを。規則正しい生活と保湿を中心としたスキンケアで、健やかな肌を目指しましょう!