年末年始の営業時間と配送日のお知らせ

美白(シミ・くすみ)

この夏、「日焼け」で肌を老化させない

この夏、「日焼け」で肌を老化※させない

8月は、海や山へアウトドアレジャーを楽しむ絶好のシーズン!しかし、そこで気をつけたいのが紫外線による「日焼け」。楽しいとつい紫外線対策を忘れてしまい、後で大変なことになってしまった経験はありませんか?今回は、「日焼け」が肌に与える深刻なダメージから、アフターケアまでをご紹介します。 ※見た目老化

●知っておきたい“日焼け“が与えるダメージ

日焼けは、日光を浴びて起こる皮膚の変化のこと。その日焼けには2種類あります。1つはメラニン色素が増加する「サンタン」、もう1つが日光によるやけどの状態になる「サンバーン」です。肌に与える影響は違いますが、どちらも紫外線により起こります。特に8月は、7月に引き続き紫外線量が多い月。日焼けによるダメージを最も気をつけなければいけません!

●知っておきたい“日焼け“が与えるダメージ

紫外線には、A波(UV-A)、B波(UV-B)、C波(UV-C)の3種類あり、この中で日焼けを起こすのはA波( UV-A)とB波(UV-B)になります。

【紫外線の種類】

・A波(UV-A)

ジワジワと肌の真皮にまで到達する紫外線A波。真皮にはコラーゲンやエラスチンなどハリ、弾力を支える成分があるため、A波によるダメージは、シワ・たるみを引き起します。また、A波は雲を通り抜けるため、曇りの日でもその量は晴天時とあまり変わりません。

・B波(UV-B)

A波よりもエネルギーが強い紫外線。肌表面に炎症を起こし、メラニン色素を増加させて、日焼けによるシミ・ソバカスを引き起こします。B波は、雲やガラスなどである程度防ぐことができます。

●知っておきたい“日焼け“が与えるダメージ

種類によって違う日焼けは、それぞれどのようなダメージを与えるのか、 詳しく説明します。

【日焼けの種類】

・サンバーン

皮膚がやけどをしたようにヒリヒリ痛みを伴う日焼けのこと。特にUV-Bが引き起こす症状です。皮膚に炎症が起こった状態になり、やけどと同様皮膚がはがれて落ちることで治っていきます。この症状を繰り返すことで、皮膚がんの原因になることも。

・サンタン

主にUV-Aが引き起こす症状。痛みを伴わない日焼けのことで、紫外線を浴びることで肌を守るために発生するメラニン色素の増加で、肌が褐色なっていきます。痛みや赤みが引いた後に現れ、シミやたるみ、しわの大きな原因になります。夏を楽しむためには、まず紫外線を浴びることで起こる日焼けのダメージをきちんと知っておくことが大切。そして、ダメージを広げないためには、その後で行うアフターケアが肝心なのです。

●紫外線を確実に防ぐ、上手なUVケア

日焼けを防ぐためには、上手なUVケアのコツを知っておきましょう!特に夏のアウトドアは、いつもより念入りなUVケアが必要です。

【UVケアのコツ】

・SPF・PAの値をしっかりチェック!

「SPF」と「PA」は、紫外線を防ぐ効果の指標です。「SPF」は紫外線B波のカット効果を「数値」で示し、「PA」は紫外線A波のカット効果を「+」で示しています。SPFとPAの値が両方高いものが紫外線防止には効果が高いとされます。ちなみに、国内最高値として認められているのは、「SPF50+・PA++++」。リゾート地や海や山のレジャー、スキー場ではSPF50かSPF50+、PA+++または、PA+++でウォータープルーフタイプのものを使うようにすると良いでしょう。さらに、日焼け止めだけではなくファンデーションにもUVカット力のあるものを重ねて塗ることで、日焼けを防ぐには有効です。

・こまめな塗り直しを!

●保湿ケアだけじゃなく、美白ケアも忘れないで!

日焼け止めを使うときは、肌にムラなく塗って、隙をつくらないこと。そして、朝塗ったから一日中紫外線を防いでくれるわけではありません。せっかく塗った日焼け止めも、タオルで汗をふいたり、水を浴びることで自然と落ちています。そのため、2~3時間おきに塗り直すようにしましょう。UVケアが崩れたままだと、肌は確実に日焼けしてしまいます。

・日傘や帽子を大いに活用!

紫外線をより防ぐためには、日焼け止め+紫外線対策アイテムを活用しましょう!

直射日光を防ぐため、日傘や帽子は熱中症予防にもなります。さらに、洋服の上からでも通る紫外線を防ぐために、UV加工されたカーディガンやストールなどを羽織ることもおすすめです。
紫外線は目に見えないため、どのくらい浴びたか実感しにくいもの。だからといって無防備なままでは、深刻な日焼けをし、それが肌老化へとつながっていきます。そう考えると、自分で考えている以上に紫外線対策を万全にする必要があるのです。

●未来の肌に差がつく、日焼け後のケア

日焼け後は、早々にアフターケアを。紫外線を浴びた後、いつものお手入れでは足りない、あるいは間違っているかもしれません!未来の肌も美しく健やかにするためには、この段階での適切なお手入れがキーポイントに。日焼けしたと思ったら、これからご紹介するお手入れをぜひ取り入れてください。

【必要なアフターケア】

1.まずは熱を下げるクールダウンを!

日焼け後の肌が、ヒリヒリと痛みを伴う場合はすぐに冷やすこと。全身日焼けした場合は、冷たいシャワーを浴びて肌の熱を冷ましましょう。腕、足など部分的になった場合は、冷水や氷を使ってクールダウンを。早めに行うことで、ダメージを最小限に抑えることができます。

2.たっぷりの潤いと抗炎症アイテムを投入!

日焼け後の皮膚は、肌の水分が蒸発している状態のため潤い不足に。刺激の少ない化粧品で水分を与え、逃さないようしっかり保湿しましょう。
昔から日焼けややけどに効果があると言われる「アロエ」を使ったアイテムもおすすめ。アロエには抗炎症作用があるため、日焼けで炎症を起こした肌にぴったりです。保湿成分などを加えたジェルやシートパックなどを習慣にすることで、日焼け後の肌も健やかに導くことができます。

3.美白化粧品でメラニン対策を!

紫外線を浴びた肌は、シミのもととなるメラニン色素が必要以上につくられています。そのメラニン色素の生産を抑えるためには、朝晩のスキンケアに美白化粧品をとり入れること。美白化粧品に含まれる美白有効成分は、成分により働きは違うもののメラニン色素が増えるのを防いでくれます。

4.肌にやさしい衣服を!

肌に触れる面積が大きい洋服にも気をつけましょう。
日焼けをした肌は、刺激に敏感になっています。綿などやわらかく肌にやさしい素材を使ったものなら、刺激を与えることはありません。

せっかくの夏を思い切り楽しむためにも、紫外線対策とアフターケアは必須です。今回ご紹介した日焼け対策をぜひ、この夏実践してみてください!
夏を過ぎてからの肌に違いが出てくるはずですよ。